Internship Blog June 2017

インターンシップ生ブログ

未分類

人物写真をデッサン風に加工する方法

投稿日:2017年6月26日 更新日:

こんにちは。MIYAです。

実習15日目。今週もWebサイトのパーツをゴリゴリ作成しております。

今回は、Photoshopを使って人物写真をデッサン風にアレンジする方法をご紹介します。

ちなみに、もとの写真はこちらです。

デッサン風に加工する方法

1.レイヤーの複製

画像をPhotoshopで開きます。画像が背景レイヤーの場合は、通常のレイヤーにしておきます。

次に、このレイヤーを2つ複製し、同じ画像のレイヤーが3つある状態にします。分かりやすいように、それぞれのレイヤー名を上から順に「輪郭」「色鉛筆」「明るさ調整」としておきます。

2.ベースの色の明るさ調整

まずは、「明るさ調整」のレイヤーを選択し、他の2つは非表示にしておきます。

メニューバー[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[白黒]で、白黒の画像に設定します。

3.鉛筆風のタッチに加工する

次に「色鉛筆」のレイヤーを表示させ選択します。メニューバー[フィルター]→[フィルターギャラリー]を選択し、「アーティスティック」の中の「色鉛筆」を選択します。

そして、芯の太さ3、筆圧5、用紙の明るさ45と入力します。扱う写真によって、この数値は違ってくると思うので、いい感じに雰囲気を見ながら適度に調整してください。

「色鉛筆」レイヤーの属性は、「通常」から「ピンライト」に変更しておきます。

次に、メニューバー[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[白黒]で、白黒の画像に設定します。

これで色鉛筆風から鉛筆風になりました。

4.輪郭を強調する

最後に「輪郭」のレイヤーを表示させ選択します。メニューバー[フィルター]→[表現方法]→[輪郭検出]を選択し、輪郭の線を強調させます。

次に、メニューバー[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[白黒]で、白黒の画像に設定します。

さらに、メニューバー[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[レベル補正]で一番右側の▲カーソルを左に移動させ、輪郭の濃さを調整します。

最後に全体のバランスを見ながら、不透明度などを調整します。これで完成です。

 

まだまだ色々なタッチに加工できるよ

今回はシンプルに鉛筆デッサン風にしました。何度も練習するうちによりデッサンらしい風合いが出るのだと思います・・・。繰り返し挑戦してみます。

他にも、水彩画風や、ペンキ風などなど色々挑戦してみたいですね。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

抹茶ラテを作ろう

こんにちは、北野です。 実習6日目です。   今日もひたすらバナーをトレースしています。 ずっと作製しているだけあって、写真の加工は少し、ほんの少し、速くできるようになりました。 そこで、写 …

ワンパターンからの脱出

こんにちは、北野です。 実習15日目です。 パーツ作りをしていると、どうしてもワンパターンになってしまいます。 同じ「お問い合わせ」のパーツでも、違う雰囲気にするにはどうしたらいいのか。 サイトのデザ …

Photoshopでキラキラ効果を作る方法

こんにちは。MIYAです。 実習8日目。本日は、Webサイトで使う、見出しやグローバルナビゲーション、リンクボタン等のパーツデザインの作成をしました。大物から小物まで様々ですが、その中で作成した1つが …

Photoshopで水滴

こんにちは、北野です。 実習11日目です。 暑い季節になってきました。 梅雨入りしてから雨がふっていません。 今日は、Photoshopで水滴を作ってみました。 かなり難しかったです。できたのは奇跡と …

Webサイトを企画する際に考えておきたい4つのP

こんにちは。MIYAです。 実習5日目。本日の実習では、Webサイト企画の考え方について教えていただきました。 そこで、そもそもWebサイトを制作して叶えてようとしていることが、本当にWebサイトが持 …