目的達成のためのデザイン方法

005

こんにちは、ながのです。
インターンシップも5日目になりました。
今日は実案件のメインビジュアル制作をさせていただきました。サイトの目的をきちんとデザインとして作り込めているのか探りながらの作業でしたが、丁寧に指導していただき完成させることができました!

今回のブログでは、前日に作業した課題バナー作りを例に、コンセプトをデザインで表現することについて書きたいと思います。

 

まずはコンセプトを考える

課題としていただいたのは「マヌカ花の蜜を100%使った純粋な蜂蜜」の広告バナーを作成するという内容です。商品名、商品画像、ロゴマークを必ず入れること以外は自由に作成してOKです。

使用する言葉やデザインの方向性を考えるために、まずは商品について調べました。かなり高価な商品であり、殺菌効果が高くのどのケアや美容など効能を期待して購入される方が多いこと、特定の場所でしか取れない貴重なハチミツであること。この内容を反映するものを作ります。

ユーザーは効能を期待して高いお金を出すので、価格に合う高級感が必要かなと考えました。次にパッと見て商品パッケージが目に入るようにすること。健康や美容に対して気を配る人に呼びかけるような内容にする、というコンセプトが決まりました。

 

コンセプトを元にデザインする

まずはPhotoshopで必要な要素を配置します。

商品写真の大きさを決めてから他の要素のサイズを考えました。色合いはあとからまとめて決めるので、とりあえずはモノクロのまま作業します。

色は「高級感」と「蜂蜜」から黄色~茶色をイメージしました。背景に使用した写真は素材サイトで「高級感」で検索して見つけました。こんなキーワードでも素材が見つかるんですね。

step02

高級感狙った加工をしたことがなかったので、デザイン収集サイトから参考画像を探しました。お手本を参考に作業すると迷う時間が短縮されるのでおすすめです。利用したのはRetroBannerというバナー画像ばかりを集めたサイトです。

1206_%e3%83%9e%e3%83%8c%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

最後に「フィルター>描画>逆光」でキラッと光る効果を加えました。完成したものがこちらです。

 

コンセプトがデザインで表現できているか

完成したものについてアドバイスをいただきました。最初に私が考えたデザインでの狙いはこの3点です。

・高価な商品なので高級感を出すこと
・商品写真を大きく配置すること
・健康と美容に気を配る人に呼びかける言葉を使用

高級感や大きく配置することはできていると思うけれど、3点目の一番言いたい部分が目立たないデザインになっている、とアドバイスをいただきました。

「あなたの美容と~」のコピーを一番訴えたいはずが、商品名に一番強いゴシック体を使用し文字サイズもほぼ同じにしていたので、肝心な部分が沈んでしまっていました。

高級感を出すことばかりに意識が向いてしまって、この部分への意識が薄れていたことにハッとしました。アドバイスをいただいて修正したものがこちらです。

1207_%e3%83%9e%e3%83%8c%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bf%ae%e6%ad%a3

商品名のフォントを小さくして、キャッチコピーを大きくし、さらに強調を強くしました。

 

これでいいのかと立ち返るために

作業を続けているとこれでいいのかな?と思う場面がたくさんありました。アドバイスをいただいて修正したけれど、これで完璧!とも思えず、デザインする難しさを実感しています。

作業に夢中になって最初に考えた狙いから離れていってしまうときは、コンセプトが反映されているのか立ち返ることが大事だなと思いました。作業する前に、ノートに狙いを書きだすのもいいかもしれません。

迷ったらノートを見て、書いた狙いどおりにできているのかと確認する。次に作業するときはこれをしっかりやって、狙い通りに仕上げることができるようにがんばります!

 

目的のためのデザイン

かっこいいものが大好きなので、世の中にあるデザインが全部かっこよくなったらいいのにと学生の頃よく思っていました。

かっこいいフォントでかっこいいレイアウトで・・・とても面白そうですが、駅の案内板がそれを優先してすごく小さなフォントでデザインされていたらすごく不便でしょうね。デザインとはユーザーが目的に達するまでのお手伝いをするものじゃないかなと最近は思うようになりました。

次からはデザインを目的ではなく手段であるという意識をしっかり持って取り組みたいと思います。

今日もありがとうございました!

コメントを残す