photoshopの加工で画像切り抜きと、黒板を作る

こんにちは!
ふじしろです!

今日はフォトショップでまた新しく学んだ2つのことを書きたいと思います。
photoshopで写真の切り抜き方

photoshopで黒板の作り方

この2つをやっていきます!

写真の切り抜き方

まずは、いろんな場面で使うことの多い画像の切り抜き。
結構初心者の方は分かりにくいと思いますし、
自分自身もいまいち良く分かるまで時間が掛かりました。

画像の切り抜きで出来ること
1部分だけを切り抜き別の素材として使用できる。
というシンプルなことです。
まず素材の画像を用意します。

0927-1%e6%9e%9a%e7%9b%ae
photoshopで開きます。
【クイック選択ツール】を選択し、
太さを決めます。
今回の場合ぼくは100pxにしています。

切り抜きたい画像に対して
ドラッグをしていきます。

するとこのように選択状態が大まかに出来てきます。
ここからはみ出た部分は
太さを調節して、Altをおしながらドラッグすることで、不要な部分が削られていきます。

0927-3%e6%9e%9a%e7%9b%ae
このようにきれいに選択されている状態です。
しかし実はまだがたがたな状態になっていますので、
境界線調整ボタンをクリック

するとこういった画面がでるとおもいますので、
スマート半径というところにはチェックをいれます。

あとはエッジを調整欄で微調整しギザギザ間をなくしていきます。

OKを押したらきれいになった写真になっています。

 

0927-4%e6%9e%9a%e7%9b%ae

次に、選択範囲を反転させます。

すると残したい画像以外が選択されている状態に変わります。

あとはその状態でバックスペースで余計な写真を消すことが出来ました!

0927-5%e6%9e%9a%e7%9b%ae
これで切り抜きは完了です!

黒板の作り方

正直これは結構手間でした!他にも参考サイトがあるので色々参考にされるといいんですが、

まず、作りたいサイズの大きさに正方形のレイヤーを作ります。

今回は800*400pxで作ります。

まずはそのレイヤーを緑色に塗りつぶしください。
ぼくは【#21553d】を参考につかいました

 

 

0927-6%e6%9e%9a%e7%9b%ae

 

次に、【レイヤースタイル】を追加し、
グラデーションオーバーレイを選択。
スタイルを円形 角度を0°にします。

 

092737%e6%9e%9a%e7%9b%ae

 

 

そのままグラデーションエディタを開いて、
カラーを
0%→ #21553d
60% → #21553d
100% → #18231e

 

 

0927-8%e6%9e%9a%e7%9b%ae
するとこのようになります!

 

 

0927-9%e6%9e%9a%e7%9b%ae

 

 

レイヤーを選択したまま、
フィルター → ノイズ → ノイズを加える

 

 

0927-10%e6%9e%9a%e7%9b%ae

写真のように設定してください!
次に木枠を作っていきます。

新しくレイヤーを作成

枠なので、横を800*15pxで選択範囲をとり、
白【#ffffff】で塗りつぶします。
次に、あらかじめ、木っぽいテクスチャをパターン化して用意していてください。

塗りつぶしたレイヤーにパターンオーバーレイをかけます。

0927-11%e6%9e%9a%e7%9b%ae

こんな感じになります。これをコピーして、下にもつけてあげます。
横にも同じで、
横は、15*270pxになりました。

 

0927-12%e6%9e%9a%e7%9b%ae

 

これで木枠も出来ました。
つぎは黒板っぽさを出す。
あたらしくレイヤーをたちあげて、
真っ黒に塗りつぶしてください。

そのレイヤーに
フィルター → 描画 → 雲模様1

フィルター → ぼかし → ぼかし(移動) 角度15°100px
にしてあげるとこのようになります

 

0927-13%e6%9e%9a%e7%9b%ae

このレイヤーを
乗算モードに切り替えてください。

0927-14%e6%9e%9a%e7%9b%ae
だいぶらしくなってきました!
最後に
黒板けしで消した跡
のような表現を作ります。
新しくレイヤーを立ち上げて、
レイヤーの塗りつぶし 白色 不透明度10%にしてください。
そのレイヤーに、
消しゴムツールのウエットメディアブラシの63番を選択

あとは消したようになぞっていく。

0927-15%e6%9e%9a%e7%9b%ae
このような形になりました。
いじょうで完成です。
どうでしたでしょうか?
参考にさせていただいたサイト様ありがとうございます!とても勉強になりました!ありがとうございます!
ふじしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です