WEBサイトを作るのに大事なことその1

こんにちは!!フクイです。

今日もなかなか暑いですが、僕の勉強意欲よりは暑くない(はず・・・笑)なのでしっかり新しいことを学ばせて頂きました。内容は、

WEBマーケティングです。

business-561388_1280

WEBマーケティングって言葉の響きかっこいいな~ってなりません??(笑)

なりますよね??(笑)それでは内容にはいりましょう!!


目次

  • PDCAサイクルについて

  • AIDMA(アイドマ)の法則、AISAS(アイサス)の法則

  • FMOT、ZMOTの違い


PDCAサイクルについて

はじめにPDCAサイクルって何のこと??って感じですよね!!

PDCAとは、

  1. Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
  2. Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
  3. Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
  4. Act(処置):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

 

b835b74501541580638a19a903d0a86d_s

ということです。

 

簡単に言うとWEBサイトを作る前にまずは、

しっかり計画を立てる。(Plan)←ここが一番大事

計画を基にサイトを作成する(Do)

出来上がったサイトを実際に使ってみる(Check)

計画と実際に出来たサイトの違いをなくしていく(Act)

ざっと書いたらこんな感じですが、いざやってみると遠い道なりになりそうです。(笑)

そして、この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向上(=スパイラルアップ)させて、継続的に業務改善することをいいます。次に、

spiral-staircase-746908_1280


・AIDMA(アイドマ)の法則、AISAS(アイサス)の法則について

はい、これも何のことってなりますね・・・(笑)

まずはAIDMA(アイドマ)の法則のAIDMAとは、

  • Attension(注意)
  • Interest(興味)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)

の頭文字の略語ですね!!

どういう意味かといいますと、これらは商売の基本で消費者の心理的プロセス・モデルです。
 消費者があるモノを知り、それから買うと言う行動に至るまでのプロセスでコミュニケーションの反応プロセスのひとつです。

例えば健康食品があるとして、それをを知らない消費者に呼びかけ注意(Attention)を引き知ってもらい、その商品に興味をもてば感心(Interest)の段階へ進み、良いなとか使ってみたいなと思えば欲求(Desire)の段階へ進み、そのときの欲求が強ければ強い程に記憶(Memory)され、後日買い物に行った時やインターネットでその商品を見つけた時に記憶が甦らされ、その商品を買えば最後に行動(Action)に移ったということになる。このようなプロセスを段階別にわけ、その段階ごとに段階に合ったマーケティング戦略を考えるモデルのことをいいます。つぎに、

AISAS(アイサス)の法則のAISASとは、

  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Search(検索)
  • Action(購買)
  • Share(情報共有)

の頭文字の略語です!!

これの意味は前述したAIDMAと比べAISASは、このインターネット普及以降の消費行動の特徴として、消費者は購入前に「Search(検索)」し、購入後に「Share(共有)」するという2つのプロセスを前提にしており、消費者の購買行動にインターネット上の情報や消費者によるクチコミが大きな影響を及ぼすことを表しています。

なんか難しいことを書いていますが、ひとつずつ考えると納得出来るかと思います(笑)


そして最後に

・FMOT、ZMOTの違いについて

まずはFMOTですが、

First Moment of Truthの頭をとった用語でP&G社が発案したマーケティング用語だそうです。かの有名なP&Gさんです!!

意味としては、消費者は陳列商品を見て3〜7秒でそれが魅力的かどうかを決める、ということです。

知らず知らずのうちにこういった概念だけはもっているという方も多いのではないでしょうか?

もうひとつのZMOT

Zero Moment of Truthの略でFMOTに比べて、見て何秒とかではなく、

商品を店に来る前にその商品を既に買うかどうか決めている、という概念です。

違いがどうかわかりにくいとおもうので例でいいますと、

前者はその場に行かなければわからないですが、後者はその場に行く前に決めているということです。

店で選ぶのではなく、購入場所以外のところで情報を集めて買うかどうかを決める。購入場所に来た段階で、買うことは既に決まっているということですね。


というように、今日はマーケティングについて色々学ばせて頂きました。これからWEB業界で働くために大変勉強になりました。ありがとうございましたm(__)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です