これからふたっぱへ来ようとしているあなたへ贈る言葉

  • By robiii
  • 2016年2月26日
  • これからふたっぱへ来ようとしているあなたへ贈る言葉 はコメントを受け付けていません。
これからふたっぱへ来ようとしているあなたへ贈る言葉
こんにちは、robiiiです。
とうとうインターンも最終日となりました。ついこの前に緊張しながらインターホンを鳴らしたのが1ヶ月前だなんて、信じられません。
さて、このブログを書くのも最後ですが、何をお伝えしようか昨日の夜から考えました。
そもそもこのブログを積極的に読んでおられる方は、ふたっぱでのインターンに興味のある方だと思います。
なので、私が最後にお話すべきは、これからインターンを受けようとしているあなたに、ちょっとしたアドバイスを贈ることだと考えたのです。ということで、インターンに来る前に心がけておきたいちょっとしたこと、よければお読みください。

これからふたっぱへ来るあなたへ贈る、気をつけたい4つのこと

 

1.常に課題を見つけようと努力しよう

今日まさに感じたことなのですが、常に「次は何を学べば成長できるだろうか」「次にしなければならないことはなんだろうか」という姿勢を常に持ち続け、考え続けてください。
口酸っぱく言われていることだと思うのですがあえて言います。

インターンは学校ではありません。

社員の方々が業務の時間を割いて、成長を手助けしてくださる場なのです。

なので、課題ひとつにおいても「与えられるのを待つ姿勢」ではなく、「どんどんやりたいことを提案する姿勢」を持ち続けてください。

(とは言っても、いきなり高度な技術を必要とする作業や実務を挙げても提案を受け入れてもらえない可能性もあります。自分のレベルをしっかりと把握し、ちょっと上のレベルを目指すようにしましょう。)

 

2.壁にぶち当たってもくじけないようにしよう

私の場合、メインビジュアルの作成が一番手こずりました。
インターンに来られる方々は、これまでもメインビジュアルやバナーを作成したことはもちろんあると思います。
しかし、業務で求められる(と想定される)レベルは、それとは一線を画しているものです。
なので、最初は沢山壁にぶち当たるかもしれません。

でも、それはみんなが通る道です。

あなたが悩んだ分だけ、次同じ作業をするときは成長できています。
だから、くじけずに今の自分が出せる最高のものを作成しましょう。

 

3.ポートフォリオを常にブラッシュアップしよう

私もそうでしたが、インターンで学んでいると、ついつい家に(持ち帰っても問題のない)作業を持ちこんで熱中してしまいがちになると思います。
その気持ちはとても素晴らしいのですが、肝心のポートフォリオがおろそかになってしまわないよう、企業でやる作業と家でやる作業はきっちりと線引きした方が良いと思います。
そして、ふたっぱで学んだことをポートフォリオに活かしましょう。
バナーの作り方やコーディングなど、インターンに来た時点のものではまだまだ改良の余地はあると思いますし、グループ制作で作成したものも、どんどんブラッシュアップをしていくと良いと思います。
インターンはとても楽しいですし充実しますが、一番の目的を忘れないようにしてください。

 

4.常に感謝の気持ちを忘れないようにしよう

先ほども少しお話しましたが、ふたっぱの社員さんたちはご自身の作業の時間を割いて私たちの成長のための手助けをしてくれています。
それを自覚し、なるべく端的に質問ができるよう要点をまとめる努力をしましょう。
たった1ヶ月、されど1ヶ月。
ふたっぱに研修に来れることは大切なご縁です。そのご縁をありがたいと思える気持ちを大切にしましょう。
他者に感謝できる人は、必ず成長します。

 

 

最後に、ありがとうございました。

いろいろと悩んだ時期もありましたが、この1ヶ月間でかなり人生観や仕事観が変わったと思います。
初心者に毛が生えた程度の私に根気よく丁寧に説明くださったふたっぱの皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
ですが、まだまだスキルが足りないと実感したのも事実。それを受け止めて、今後も成長していきます。

ふたっぱさんや社員さん、そして一緒にインターンを経験してきたサワワさんとは、facebookで時折つながれると嬉しいです。

本当に1ヶ月間、ありがとうございました。
それでは、またどこかで。

Comments are closed.